Home > 包茎の種類 > 包茎の違いを知らずに包茎は治せない!

包茎の違いを知らずに包茎は治せない!




一言で包茎といっても、包茎の状態は一様ではありません。

包茎は、大別すると3つのタイプに分類することができます。

このページでは、あなたがどのタイプの包茎であるかを確認するために、それぞれのタイプの包茎について解説をしましょう。


あなたの包茎は、真性包茎ですか?


性交渉に支障をきたすことがある包茎が、「真性包茎」です。

真性包茎は、亀頭にかぶさっている包皮を剥こうとしても、亀頭を出すことができない包茎です。これは、包皮の開口部分が狭かったり、亀頭と包皮が癒着していたりということが原因で、亀頭を包皮から出すことができないのです。

このような状態であるため、無理に剥こうとすると、出血する場合があります。

また、次の包茎のタイプである「嵌頓(カントン)包茎」になってしまうこともあります。


あなたの包茎は、嵌頓(カントン)包茎ですか?


嵌頓包茎(カントン包茎)」とは、亀頭を覆っている包皮の開口部が狭いために、簡単に剥けないにも関らず、無理に剥いてしまったために、亀頭のカリ(溝)の部分に包皮が引っかかり、亀頭を圧迫する状態です。

この状態になると、亀頭がうっ血して、腫れあがってしまうため、すぐに専門医で治療をする必要があります。


あなたの包茎は、仮性包茎ですか?


仮性包茎」とは、通常の状態時には、包皮によって亀頭が包まれています。ただし、勃起をした時には、亀頭を包皮から出すことが出来るため、性交で困ることはありません。

包茎に悩むほとんどの日本人は、この仮性包茎だと言われています。

仮性包茎の場合、直接性交に問題が生じる訳ではありませんが、以下のようなことに悩む人が多いようです。


  • 包茎が影響してペニスが小さい。
  • 包茎のために、女性に奥手になっている。
  • 包茎であるために、自分に自信が持てない。
  • 温泉等で股間をタオルで隠さなくてはならない。
  • セックスに積極的になれない。


このようなことばかりではなく、以下のようなことも現実に起きています。


  • 普段亀頭が包皮に包まれているので刺激に弱く早漏になってしまう。
  • 尿や精液のかすである恥垢(ちこう)が溜まりやすく、悪臭の原因になる。
  • 亀頭のカリの部分が小さいため、女性への刺激が弱い。
  • 細菌が増殖しやすく、性病の感染率が高い。


包茎は、必ず手術しなければならない。

そのようなことは、必ずしも言い切れません。


しかし、先に挙げたようなさまざまな問題が生じたり、自分に自信が持てなかったりということがあるのであれば、包茎治療を考えるべき時なのでしょう。


このページを訪れたのも、必要で必然なことです。


自分に自信をつけるために、そして性病などの病気にならないためにも、包茎に関する情報をもっと調べてみましょう。


女性にオドオドすることなく話ができる自分。

積極的に女性をホテルに誘うことができる自分。


きっとあなたは変わることができますよ。





Home > 包茎の種類 > 包茎の違いを知らずに包茎は治せない!

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top