Home > 包茎手術 > 話題! 包茎手術のいろは

話題! 包茎手術のいろは




包茎であることに悩み、包茎手術をすることも視野に入れている。

そういう人向けに、包茎手術に関することを詳しく説明しましょう。



包茎手術の種類


包茎手術の方法は、一つではありません。


昔からさまざまな方法があり、単に包茎を治せば良いという手術から、審美的なことも考慮した手術へと変化しています。

ただ、昔流行っていた手術方法を未だに実施していたり、手術の技術が不十分であるために、審美的な手法を取り入れた手術を行なうことが出来なかったりという医師がいるため注意が必要です。


どのような手術方法があるのか、

そして自分が希望している手術方法を実施している医療機関であるのか

を十分にリサーチする必要があるのです。



・環状切開縫合術


かなり以前に行なわれていた旧式の包茎手術です。

亀頭の下の縫合箇所の色の濃さがはっきりと分かれるため、手術をしたことがわかりやすい手術方法です。環状切開縫合術は、審美的なことを考慮した手術とはいえません。


・亀頭下環状切開術


この亀頭下環状切開術は、現在の主流になってきています。環状切開縫合術で縫合箇所の色の濃さが目立つというデメリットや、性感の低下や勃起した時のツッパリ感が起こる場合がある亀頭下埋没法のデメリットもカバーした手術方法です。ただし、この手術には、高度な技術が要求されるため、経験が少ない医師がこの手術を行なった場合にはトラブルになることがあるようです。


・根部環状切除術


上記の2つの手術は、亀頭に近い箇所の包皮を切除する手術ですが、この根部環状切除術では、ペニスの根元の皮を切る手術法になります。この方法は、亀頭部分を傷つける心配がなく、手術箇所が陰毛で隠れるので目立たないというメリットがあります。ただし、この手術は、仮性包茎のみに適用されます。


・切開しない手術


切開をしない包茎手術もあります。この包茎手術は、余っている包皮がそれほど多くない仮性包茎の場合に行なわれます。この方法では、皮膚を付ける接着剤のような液を使って余っている皮膚を接合したり、包皮を剥いた状態で余っている皮膚を糸で縫ったりする方法が挙げられます。ただし、審美的な面から、あまり実施している医院はないようです。



ここでは、包茎手術の代表的な方法を挙げましたが、他にも包茎手術にはさまざまな種類があります。

自分が希望する包茎手術方法を見つけ、その手術の実績が多数あるクリニックを見つけることが大切でしょう。

後悔をしないためにも、十分にリサーチすることをオススメします。



包茎手術の費用


真性包茎の場合は、保険内で手術が行なわれることがあります。その場合は、全額負担でなく、3割負担等になりますので、数万円で済むこともあります。

ただし、健康保険の適用範囲内という場合、機能的な障害を除くための手術になり、審美的なことが考慮されないために、傷跡などが目立ち、見栄えが良くないというケースもあるようです。

また、仮性包茎の場合は、性交ができないという機能障害があるわけではないので、保険の適用はありまえん。そのため、通常は15万円前後の料金になります。

保険が適用にならないケースの真性包茎やカントン包茎の手術を行なう場合には、仮性包茎よりも料金が高くなり、20万円前後になります。

これらの料金は、手術方法の種類によっても違ってきますので、各専門医のサイトなどで十分に比較した方が良いでしょう。


包茎治療のために手術を考えた場合、不安を感じる人も多いと思います。


自分が納得できるだけの情報収集をきちんと行ない、後悔しない治療方法を見つけましょう。


自分に自信がもてるようになり、早く女性と楽しい性生活を過ごすことができますように!





Home > 包茎手術 > 話題! 包茎手術のいろは

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top