Home > 真性包茎 > 真実を知る! 真性包茎の実情

真実を知る! 真性包茎の実情




自分が真性包茎であるかもしれないということで悩んでいる人がいます。

そのように悩む多くの人が、

「おそらく自分は真性包茎だろう」

とすでに思っているけれども、きちんとそのことを確認したいと考えているそうです。

そのため、このページでは、インターネット辞典のウィキペディア(Wikipedia)に書かれている、真性包茎の説明をまずご紹介しておきましょう。



真性包茎とは


以下が、ウィキペディア(Wikipedia)に書かれている真性包茎の説明です。


『成人が勃起時に亀頭を覆う包皮を後退させることが出来ず、亀頭の露出が不可能な場合を包茎あるいは真性包茎と呼ぶ。包皮が亀頭先端部分で狭くなっていて(包皮輪狭窄)亀頭を通過させられないことや、包皮の一部が亀頭に癒着してしまっていることなどが原因である。日本の成人男性の真性包茎は1%-2%程度であるとされている。

包皮輪狭窄による包茎を、無理な力で包皮を反転させて亀頭を露出させることで、包皮が元に戻らなくなる症状のことを、嵌頓(かんとん)と呼ぶ。俗に嵌頓包茎(かんとんほうけい)と呼ぶ場合もある。嵌頓は亀頭が鬱血し、壊死に至る恐れがあるため、緊急に処置する必要がある』

ウィキペディア(Wikipedia)の「陰茎」の項より引用



ウィキペディアに書かれているように、真性包茎の人は、勃起した時にも、亀頭を包皮から出すことができず、場合によっては、性交をすることがむずかしいはずです。

また、前述のように、無理に亀頭を包皮から出そうとして、嵌頓(かんとん)包茎になってしまう人がいます。一旦、カントン包茎になってしまうと、うっ血して大変なことになってしまうので、無理に亀頭を出すのは危険が伴います。

ただ、包皮の開口部が狭いだけである場合は、開口部を徐々に広くしていくということで、仮性包茎になるケースもあるようです。

このようなケースもあるため、真性包茎であるから、必ず包茎手術をしなければならないということではありません。


真性包茎と診察


しかし、以下のようなケースでは、自己判断せずに、専門医に診察をしてもらうことをお薦めします。


  • 性行為ができない真性包茎の場合
  • 亀頭と包皮の内側がくっついてしまい、排尿障害が起こる場合
  • 包皮に包まれた亀頭をうまく洗うことができないために、細菌に感染した場合


真性包茎の場合には、保険が適用になるため、泌尿器科であれば、包茎の手術や治療に関係した費用が数万円というケースもあります。


ただし、包茎手術等でトラブルになるのは、

手術の傷跡に関することが多いので、

費用ばかりではなく、

どのような手術方法を実施し、傷の目立ち度がどの程度になるのかを、実際に包茎手術をした人の過去の写真等で確認した方が良いでしょう。


いつまでも一人で悩むのではなく、自分が納得できるまでしっかり情報収集をしましょう。

きっと納得できる方法が見つかるはずです。





Home > 真性包茎 > 真実を知る! 真性包茎の実情

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top